ソリューション

高砂熱学工業は、空調のみならず環境そのものを創造する新たなテクノロジーを追及し、建築設備を最適にコントロールするソリューションを提供しています。



冷媒サブクール/エバチルドシステム

空冷ビル用マルチ空調システムの冷房運転効率を高める「冷媒サブクールシステム」の発展型として、冷媒を水で冷却する熱交換器と冷却塔を一体化した「エバチルドユニット」を開発しました。

当ユニットを使用した「エバチルドシステム」では冷却水配管工事が不要となり施工を大幅に簡素化します。

(特許出願中)

特長

エバチルドユニット

  • 媒を水で冷却する熱交換器と冷却塔を一体化
    本ユニット内部には液冷媒管のコイルがあり、ここに散水と通風を行うことによって、水の蒸発潜熱で冷媒を冷却します。
  • ビルマル1セットにつき1台接続
  • 小型軽量
    片開きドアから搬入可能で、エレベータにより既設建物屋上への設置も容易です。
  • 冷房負荷に応じて自動運転
    ビル用マルチから運転信号を受けたり、ユーザーが本ユニットの発停を制御したりする必要はありません。

システム構成


エバチルドシステム

  • 省施工
    冷媒・給水配管つなぎ込み、および電源工事だけで本システムの導入が可能です。冷却水配管工事は不要です。を受けたり、ユーザーが本ユニットの発停を制御したりする必要はありません。
  • 省エネルギー
    【例】30馬力のビルマルに本システムを導入した場合、
    冷媒種類がR407Cの旧型機では冷房消費電力量を約14%、最大消費電力を約35%削減できます。
    冷媒種類がR410Aの新型機では、それぞれ約8%、約23%削減できます。

システム構成

仕様

本体 外形寸法 500W x 650D x 1150H
製品重量 約95kg(運転時)
風量 約2400CMH
散水量 約24L/min
熱交換器 CUPФ9.53 22列x5段x480L 伝熱面積1.6m2
電源 電圧 3Ф20V
消費電力 250/285W(50/60Hz)
給水 使用水量 最大連続使用水量 0.25L/min
圧力 0.01~0.5MPa
水質 冷却搭補給水の水質基準に準じる
(日本冷凍空調工業会 JRA-GL 02)
接続配管サイズ 冷媒液管 CUPФ22.22(ろう付け)x2箇所
給水管 SUS15Aメス
排水管 SUS15Aメス

オプション

・ 冷媒温度センサ (冷媒の温度低下を目視可能とします)
・ 断水検知機能 (断水時に自動停止して故障を防止します)

カタログダウンロード


このページの先頭へ