セイコーエプソン 千歳事業所

工場・研究所、受賞物件

本プロジェクトは、延床面積 82,971m2の大規模工場であり、年間を通じた冷房負荷によるエネルギー消費量は膨大なものとなるため、さまざまな省エネルギー手法が検討され、実際の設計に盛り込まれました。その中でも寒冷地の特性を生かした開放型冷却塔によるフリークーリングシステムは、省エネルギー効果も大きく、寒冷地における省エネルギー技術として今後も発展、普及するものと期待されています。

名称 セイコーエプソン 千歳事業所
施設用途 工場・研究所、受賞物件
所在地 北海道千歳市
竣工年月 2004年7月
特長 北海道千歳市にセイコーエプソン株式会社が建設した高温ポリシリコンTFT液晶パネル製造のための新工場です。省エネ機器の採用、リサイクル材料の使用、建設廃材の削減などをコンセプトに、ライフサイクルアセスメントを意識した環境配慮型の設計となっています。
関連する技術・サービス