熱源受託事業

ワンストップによるエネルギーのアウトソーシング:初期投資不要・省コスト実現・管理業務軽減

熱源受託事業では、お客様による初期投資なしで、高砂熱学工業がESP事業者(Energy Service Provider)として省エネルギー設備を導入し、建物に必要なエネルギーをご提供いたします。
ESP事業による詳細診断、提案、設計、施工、日常運転管理、メンテナンス業務、運用改善、コンサルタントを包括したワンストップサービスにより、エネルギーに係わる専門分野をアウトソーシングし、省エネを確実に行うと共に、経費削減、施設運営業務の軽減が可能となり、お客様は本業に経営資源を集中できます。

特長

  • 初期投資なしで省エネ設備を導入し、イニシャルコスト低減
  • 当社の技術を駆使した設計・施工をご提供
  • エネルギー契約を一本化し、経費削減、施設運営業務の軽減
  • 専門家による運転、維持管理によりランニングコスト低減
  • メンテナンス費用の平準化により故障や劣化による突発的支出を抑制
  • 本業への経営資源集中が可能
  • 設計、施工、メンテナンスの統合により緊急対応のレスポンスが向上

エネルギーソリューション室
029-755-1337