壁吹出し方式空調システム IDC-SFLOW®(アイディーシー・エスフロー)

  • 7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  • 9 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 11 住み続けられるまちづくりを
  • 13 気候変動に具体的な対策を
  • IDC-SFLOW®※1は、空調機械室との間仕切壁から直接サーバ室内に冷気を供給する方式(壁吹出し方式)を採用しています。
  • 通常の床吹出しに比べて空調機の送風動力を約1/3まで低減可能です。
  • コールドアイルへの給気の整流機構により、冷気をラック吸込み面まで安定して供給でき、ラック吸込み温度の均一化が図れます。
  • ヒートスポットが発生しにくく、高負荷ラックの冷却にも対応できるシステムとなっています。

IDC-SFLOW®:Internet Data Center Side Flow System

  1. ※1(株)関電エネルギーソリューションとの共同開発

(特許第5743536号、特許第5748469号、
特許第5926030号、特許第6049981号、
特許第6117500号、中国10253816 他)

導入実績:11件(117台)

受賞・認定

  • 「グリーンITアワード2012審査員特別賞」受賞
  • 第13回産学官連携功労者表彰「環境大臣賞」受賞

特長

  • 送風動力:床吹出し方式に比べ 1/3 (当社試算値)
  • ラック吸込み温度のばらつき: 整流機構により、床吹出し方式に比べ 1/4
  • ラックあたりの冷却能力:平均6kW/ラック(局所的には17 kW/ラックまで可能)
  • 床下空間:空調用としては不要
  • PUE:外気を活用した冷却を併用することにより国内最高位(~1.2)を実現可能

システム概要

IDC-SFLOW®によるシステム構成例

IDC-SFLOW®に対応する空冷パッケージ空調機

製品紹介動画

  • 音声が含まれています。