低床型床吹出し空調システム LUFT®(ルフト)

  • 7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  • 11 住み続けられるまちづくりを
  • 13 気候変動に具体的な対策を

100mm以下の二重床空間(限界床下高さ50mm)を活用する低床型床吹出し空調システム。リニューアル工事の制約となる二重床高さや天井高さの問題を解決し、天井からの圧迫感のない快適な空間を実現しました。

LUFT®:Lower Under Floor Air Conditioning System of TAKASAGO

(特許第4430436号、特許第4528009号、
特許第4929198号、特許第1213838号 他)

導入実績:45件

特徴

  • 低床型二重床(有効床下高さ50mmまで)に対応が可能
  • 独自の床吹出し口により旋回流を形成することで、不快なドラフト感や冬期の足冷え感をなくした快適な空調を実現
  • 床下気流の整流技術とフィルタによる床吹出し口の抵抗最適化により、吹出し風量を均一化。
    オフィスレイアウト変更による床吹出し口の移動にも、フレキシブルに対応可能
  • 換気効率の向上により、天井吹出・天井吸込システムと比較して、約40%の省エネルギー化が可能
  • 可変風量型床吹出し口の採用により、床吹出し空調でも部屋ごとにきめ細やかな温度制御が可能

システム構成

可変風量型の床吹出し口はボタン一つで個々の吹出し口を全開/全閉/自動運転に切り替えられます。動作不良を検出し、保守を容易にします。

天井吹出し方式との比較(垂直温度分布・快適性)

製品紹介動画

  • 音声が含まれています。