ソリューション

高砂熱学工業は、空調のみならず環境そのものを創造する新たなテクノロジーを追及し、建築設備を最適にコントロールするソリューションを提供しています。



所有特許

企業の技術力を示す特許取得件数は業界トップであり、2017年2月末現在の件数は728件(特許/実用新案/意匠/商標)、特許は国内471件海外19件です。

特許を取得している代表的技術分野

技術分野 件数 技術分野 件数
クリーンルーム 52 給排水・消火 17
空調システム(空気系31、水系18) 49 殺菌・脱臭 17
IDC 30 換気・排気 16
除湿 28 空調機 13
蓄熱 28 燃料電池・水素 13
自動制御・中央監視 27 維持管理 12
計測・測定 26 置換換気 12
施工法 21 熱源システム 12

最近公開された当社特許

公開された当社特許一覧

名称 フラッシング排水の処理方法
出願番号 特願2016-137776号(原出願番号2012-155706)
公開番号 特開2016-193435号

2016年度から当社の標準工法とされており(技通第28002号)、第31回空気調和・衛生工学会技術振興賞を受賞した「排水レスフラッシング」に関する発明である。

建築設備の配管システム等の試運転調整前には、配管の接続、切断、溶接作業などによって生じた鉄粉や酸化亜鉛等を配管系から除去することを目的として、配管内に流体を流して清浄するフラッシングを行う。このフラッシング水には高濃度の亜鉛が含まれるため、一般的には大量の水で希釈処理をしてから排水されていたが、決して環境に配慮した方法とは言えないものであった。またフラッシングは、水張り、排水を数回繰り返して行うため、この作業が非常に手間となっていた。

そこで本発明は、亜鉛メッキ鋼管を配管した設備の配管系からのフラッシング水を、凝結槽21、凝集槽31で順次処理した後、沈殿槽41で凝集物を沈殿させて分離除去し、上澄み水を排出管45から排出するシステムを用い、当該システムを配管系に接続してフラッシング水を処理した後に再度配管系に戻し、その後このシステムを配管系から取り外す。また、配管系に戻した水は、そのまま空調用の水として利用する。

本発明によれば、フラッシング水が系外に排水されることなく配管系に戻されるので、水の使用量を必要最低限に抑えることができる上に、環境負荷を低減することができる。また、水張りが1回で済むため、工期短縮、および作業の省力化に繋がる。

【符号の説明】
11、51 pH調整槽、21 凝結槽、31 凝集槽、41 沈殿槽、A,B 濁度計


このページの先頭へ