ソリューション

高砂熱学工業は、空調のみならず環境そのものを創造する新たなテクノロジーを追及し、建築設備を最適にコントロールするソリューションを提供しています。



所有特許

企業の技術力を示す特許取得件数は業界トップであり、2017年2月末現在の件数は728件(特許/実用新案/意匠/商標)、特許は国内471件海外19件です。

特許を取得している代表的技術分野

技術分野 件数 技術分野 件数
クリーンルーム 52 給排水・消火 17
空調システム(空気系31、水系18) 49 殺菌・脱臭 17
IDC 30 換気・排気 16
除湿 28 空調機 13
蓄熱 28 燃料電池・水素 13
自動制御・中央監視 27 維持管理 12
計測・測定 26 置換換気 12
施工法 21 熱源システム 12

最近公開された当社特許

公開された当社特許一覧

名称 空調装置付き机
出願番号 特願2015-088677号
公開番号 特開2016-205719号

本社ビルの受付やグリーン・エア プラザに展示されており、またグリーン・エアテックにも掲載されているパーソナル空調デスクに関する発明である。

従来から、パーソナル空調(例えば、床吹出方式)により、各執務者の温熱環境を個別に調整できるようにして、各執務者の満足度を向上させることが提案されている。しかし、従来のものは温調された空気を各執務者の近くに搬送する動力が大きく、効率が悪いといった問題があった。

そこで本発明は、以下の構成を有する空調装置を備えた、空調装置付き机とした。
・間仕切り106に、タスク領域の上部に向けて温調された空気を吹き出す、スリット状の開口を有する吹出口30を設ける。
・吹出口30の下部に、空気の流れを制限する制限部材302(パンチング板など)を設ける。
・吹出口30より下側に、吸込口10を設ける。

本発明によれば、吹出口30上部の開口301を通る空気は、速い流速で吹出口30から離れた位置へ向かう山なりの気流を形成し、タスク領域の周辺部分を覆う気流となる。一方、吹出口30の下部から制限部材302を通る空気は、低速化して周囲の空気を巻き込みながら、吹出口30から近い位置で広がり執務者の手元や上半身付近を空調する気流となる。このような、異なる気流の形成により、タスク領域の全域にわたって効率よく快適に空調される。

【符号の説明】
1 タスク空調装置、9 机、106 間仕切り、10 吸込口、30 吹出口、301 開口、302 制限部材


このページの先頭へ