太陽熱による低圧蒸気供給システム

  • 7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  • 9 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 11 住み続けられるまちづくりを
  • 13 気候変動に具体的な対策を

太陽熱で低圧蒸気を供給し、建物の蒸気負荷を低減

太陽熱による低圧蒸気供給システムは、太陽熱で直接製造した低圧蒸気を高効率で安定に供給するシステムです。熱媒に水を使うため、安全かつ簡素なシステム構成が可能です。工場や病院など低圧蒸気の必要な建物に導入することで、蒸気製造に必要なボイラの燃料費やCO2排出量の削減を図ります。

(特許第5329289号、特許第5794772号、
特許第6184052号、意匠登録第1438373号、
意匠登録第1438374号)

導入実績:1件(試験導入)

特長

  • CPC型集熱パネル※で直接水を加熱する、シンプルな構成
  • 熱の搬送動力が不要で、消費電力が極小
  • 蒸気圧力を~0.3 MPaG の範囲で自由に設定可能
  • 蒸気生成効率:日射量に対し35~45%(~138℃蒸気)
  • CPC型集熱パネル:放物面型の反射鏡で、真空管内部の集熱部に日射を集める集熱器

設置イメージ図