従業員満足の実現

健康経営への取組

心身ともに健康で、活力に満ちあふれる企業となるための取り組み

当社は、根底を支えているのは『人財』である役職員の力であり、各々の健康が前提であるとの認識に立ち、全ての役職員が心身ともに健康で、活力に満ちあふれる企業(Well-being カンパニー)となることを目指し、社長より 『健康宣言』 を発信するなど、さまざまな取り組みを実施しています。2020年3月には「健康経営優良法人2020(大規模法人部門)」に認定されました。

従来も、健康保持・増進の取り組みを行い定期健康診断受診率100%を達成する等成果をあげて来ましたが、2019年4月には、役職員の健康保持・増進のさらなる支援のため、「健康管理室」を設置いたしました。産業医と保健師が常駐して役職員の心身の健康に関する相談の受け付けを随時行うほか、仕事と病気の両立支援、健康診断の事後措置、ヘルスリテラシーの向上のための教育・啓発活動を行っています。

今後も、健康管理室を中心とし、さまざまな取り組みを実施することで、一人一人がやりがい、充実を感じながら働くことができる企業となるための体制を整備していきます。