データセンター向け運用対策サービス グリーンエア®IDC

  • 7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  • 9 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 11 住み続けられるまちづくりを
  • 13 気候変動に具体的な対策を

(特許第5306969号、特許第5306970号、
特許第5324363号、特許第5729993号 他)

導入実績:国内 109件、海外 6件

IDC事業者のニーズ

  1. 1.ブレードサーバ、クラウド高負荷化などの熱問題を解決したい。
    (ケーブルが邪魔して冷風が出ない。)
  2. 2.改正省エネ法などの、法対応で省エネしなければならない。
    (省エネ対策は専門外なのでよくわからない)
  3. 3.信頼性は確保したい
    (負荷熱問題しつつ、省エネと信頼性の両立をはかりたい)
  4. 4.ワンストップで対応してほしい
    (診断から問題解決まで対応してもらいたい)

データセンターのライフサイクルを通じた運用対策サービス

グリーンエア®IDCは、IDCのライフサイクルを通じ全体最適化を図るための運用サービスです。IDCでは、IT機器の増設や入れ替えにより空調負荷が短い周期で変化します。弊社は、運転状態のIDCについて温熱環境やエネルギーを診断し、省エネルギーチューニングを始め、リニューアル全般の企画・設計から施工、引き渡し後のアフターサービスに至るまでの全てのサポートをワンストップでご提供します。国内外で100件以上の検証実績があります。

特長

  • 診断とチューニングの豊富なメニューから、省エネルギー化などIDC管理者の要求に応じたサービスを提供
  • 診断は、計測とCFD解析の総合評価技術を用い、建設段階のみならず、運用段階からのサービスが可能
  • 計測ではサーモカメラを最大限に活用し、点数を絞り込んだ計測や迅速な風量調整などが可能で、計測期間中の不便を軽減
  • シミュレーションによるチューニングの事前効果の把握
  • Computational Fluid Dynamics(数値流体力学)

中長期の運用サイクル

中長期の運用計画
グリーンエアIDCによるワンストップサービス

(1)診断(測定調査解析提案)(豊富な診断実績、国内海外含めて100件以上)

当社のサービスで、CFD解析によるシミュレーションも行っているが、実際のサーバルームの環境実測を基本とし、IT技術者に理解されるよう、サーモカメラと特殊なフィルターで3D化し、温度分布を可視化することで、お客様と問題点を共有し、以降の解決策の立案、対策に役立てています。

(2)チューニング

気流調整、風量調整、コールドアイル、ホットアイルを安価な材料でコンテーメント(キャッピング)などを行っています。対策に高額なコストをかけずに、運用改善などで25%削減の省エネを達成した実績もあります。
サーバへの供給空気を均一化して供給することで、供給する冷風の設定を高くし、運転効率を高めます。

(3)チェック

チューニングなどの終了後に、忘れてはならないのがチェックで、弊社はお客様に、空調機が故障した場合や、停電時などのトラブルを想定しチェックをするようお勧めしています。
温度設定を変更して省エネを達成しても、いざという時に、問題が発生しては元も子もありません。例えば、電気設備の計画停電時や発電機の試験時に、空調が停止している間の、環境を測定し、いざという時の状況を把握するなど、サーバルームの温熱環境を測定し、安心出来る様サポートします。

冷気、暖気を分離するシステム